ホーム > What's JC > 日本青年会議所の歩み
メンバー専用エンジェルタッチ
アジェンダシステム

日本青年会議所の歩み

60年を超える たゆまざる歩み

 「新しい日本の再建は我々青年の仕事である」という覚悟のもと、1951年、その記念すべき第1歩を踏み出した日本青年会議所は「ひとづくり」「まちづくり」「教育」「国際社会」「環境」など様々な分野において、青年としての正義感、理想を追求する心、真摯な情熱という価値観のもと積極的にかかわってきました。それぞれの時代で人は変わり、手法や表現は異なっても、創始の「志」は脈々と受け継がれ、60年を超えていまも現役メンバーの手で年代記は綴られ続けているのです。
※敬称略

■1950年代の歩み
西暦 会頭 主な出来事
1951 黒川光朝 日本JC創立総会(東京)、定款に「三信条」を掲げる。
第6回世界会議(モントリオール)においてJCIに正式加盟
1952 小坂俊雄 JCI第2回アジア地域会議(東京・初の国際会議開催)
1953 堀越善雄 「JCデー」制定(昭和49年9月3日の東京JCの誕生にちなみ)
1954 服部禮次郎 第1回全国会員大会(名古屋)
1955 森下泰 JCソング制定
1956 森下泰 南ベトナムに医療団派遣
1957 三輪善兵衛 JCI第12回世界会議(東京)、皇太子殿下
(当時、今上天皇)がご臨席
1958 橋上保久 初めて会頭選挙実施
1959 千玄室 第1回全国理事長会議(東京)
■1960年代の歩み
西暦 会頭 主な出来事
1960 石川六郎 「JC綱領」制定。日本JCシニアクラブ発足
1961 山崎富治 日本JC創立10周年記念式典(東京)、池田勇人首相らが来賓
1962 古市実 ヨーロッパへEEC視察団派遣
1963 瀬味保城 「日本青年会議所新聞」創刊、1面は池田首相・瀬味会頭対談
1964 小谷隆一 機関紙「30億」創刊
1965 遠山直道 常任理事・評議員制度施行
1966 辻兵吉 第1回政治問題セミナー、田中角栄氏、大平正芳氏、中曽根康弘氏等参加。JCI第21回世界会議(京都国際会館こけら落とし)
1967 柳沢昭 第1回京都会議
1968 神野信郎 第1回極東アジアJAYCEEシンポジウム(札幌)
1969 牛尾治朗 軽井沢トップセミナーで牛尾会頭が「企業内ゲバ論」。
JCI会頭選挙で前田博氏当選、初の日本人トップ誕生
■1970年代の歩み
西暦 会頭 主な出来事
1970 米原正博 大阪万博に「屋外劇場」寄贈。
初の北方領土視察団派遣(現在も継続)
1971 秋保盛一 日本JC創立20周年記念式典(東京)、佐藤栄作首相らが祝辞。
第1回「JCアジアの船」(第18回まで就航)
1972 小野正孝 「ヤングブルー3万人対話集会」各地で開催
1973 佐藤助九郎 「私権の制限」など会頭提言を発表(宝塚)
1974 前田完治 京都会議で緊急事態宣告「省資源運動」を採択。
初の日ソ青年交流会議(東京)
1975 佐藤敬夫 教育問題で全国アンケート実施
1976 田口義嘉壽 国家問題会議で「自民党決別宣言」(東京)
1977 小沢一彦 JCIの公用語に日本語採用(ヨハネスブルグ)
1978 麻生太郎 正副会頭等全ソ青年団体委員会の招きで訪ソ
(日中条約締結後最初の訪ソ団)
第1回青年経済人会議、与野党の代表招き「提言」(東京)
1979